決定的な引き金となる血栓の恐怖|発症率が高い脳梗塞の原因解明

ラクナ梗塞を学ぼう

女性

血栓が関与します

脳梗塞の直接的な原因は3種類あります。原因ごとに脳血管の太さが変わってくるため、予後も大きく変わってきます。この中で一番よく発症するのがラクナ梗塞です。ラクナ梗塞とは脳の中でも末梢の方の細い血管が、血栓という血の塊によって詰まってしまうことで発症します。脳の末梢に近いところが詰まるため、他の脳梗塞に比べて障害範囲が狭く、症状としては軽いものが多いのが特徴です。一方で小さな血栓でも発症してしまうため、発症率が高い疾患ともいえます。ラクナ梗塞の特徴は高血圧症の患者に多い点です。高血圧により勢いよく流れる血流が、血管の壁にできた血栓を剥がしてしまい、はがれた血栓は血流にのって脳の末梢を詰まらしてしまいます。

ゆっくりだから気づかない

脳梗塞の一つであるラクナ梗塞の注意点は、症状が急激ではなくゆっくりと進行する点です。ラクナ梗塞は末梢の細い血管が詰まる疾患で、部位によっては何も生活に問題を感じない場合があります。これは脳が障害されていないのではなく、ゆっくり障害が進行しているからです。そのため疾患の発症に気づくことが遅れ、進行した状態で治療を開始することになることが多いです。また末梢血管が詰まってしまい、脳にダメージがゆっくりと持続することで、認知症の発症原因と考えられています。これは他の脳梗塞にも当てはまることで、認知症は器質的な原因で発症することもあることが分かっています。治療は脳細胞の壊死により起こる脳浮腫の改善が中心で、点滴による脳循環改善薬が使用されます。決定的な引き金となる血栓の恐怖を知りましょう。

先天性の脳の血管の病気

看護師

脳動静脈奇形とは、脳の血管に毛細血管が存在せず、動脈と静脈が直につながっていしまっている病気です。脳に何らかの障害が発生しますし、脳内の出血も起こしやすくなります。脳動静脈奇形を重篤にしない方法は、脳の画像検査を受けて早期に発見することです。現在、多くの医療機関で脳の画像検査を行っています。

詳しく見る

免疫力でがん細胞縮小

花

新たながん治療法として注目されている免疫療法では、患者自身の免疫細胞を使ってがん細胞を攻撃させます。免疫細胞にはさまざまな種類があり、それぞれが重要な役割を果たしながら体内の免疫機構を担っています。免疫療法は本来の免疫機構を強化してがん治療に役立てようという方法なのです。

詳しく見る

母親が病院を選ぶポイント

女性

伊丹で小児科を探す際母親がまずチェックするポイントがその医療機関の雰囲気、スタッフ対応についてです。こうした情報は実際に経験してみないと判断することができませんが、ネット上に公開されている口コミを参考にすれば前段階での候補絞りには役立てていくことができます。

詳しく見る