決定的な引き金となる血栓の恐怖|発症率が高い脳梗塞の原因解明

免疫力でがん細胞縮小

花

免疫細胞の役割

がんの治療に抗がん剤が使われるようになって久しいですが、副作用の強さが患者にとって大きな負担となります。より負担の軽い方法でがん細胞を縮小させることを目的として、免疫療法の研究が進められてきました。免疫療法では、患者自身の免疫細胞を使ってがん細胞を攻撃させるケースが多くなっています。人間は誰でも免疫力を持っていますが、それは血液中の白血球を構成するさまざまな免疫細胞の力でもあります。免疫療法で使われるのは、その中でもNK細胞やTリンパ球、樹状細胞などです。NK細胞はナチュラルキラー細胞とも呼ばれ、単独でがん細胞に対する高い殺傷能力を発揮します。Tリンパ球も血液中に多く存在し、がん細胞を攻撃します。樹状細胞は数こそ少ないですが、Tリンパ球に命じてがん細胞を攻撃させる司令塔役として重要な存在です。

免疫細胞の力を強化する

免疫療法ではそれら免疫細胞の力を何らかの形で強化することにより、がん細胞への攻撃力を高めていきます。利用する免疫細胞の種類によって数多くの方法が研究されてきました。ANK療法はNK細胞を活性化させることにより、がん細胞を攻撃させる方法です。この方法では活性化されたNK細胞によりインターフェロンなどの免疫物質が分泌され、発熱などの副作用も起きます。より副作用の少ない方法としては、樹状細胞療法も注目されています。樹状細胞にがん抗原を記憶させ、Tリンパ球を活性化させてがん細胞への攻撃を組織化させる方法です。この他にもさまざまな方法が開発されており、実用化された免疫療法が多くの病院で導入されてきています。さらに研究が進んで適用範囲が広がれば、免疫療法はがん治療の主流となる可能性があります。