決定的な引き金となる血栓の恐怖|発症率が高い脳梗塞の原因解明

先天性の脳の血管の病気

看護師

治療は可能

脳動静脈奇形とは、脳の血管が異常な状態にある病気です。血液は心臓から送り出され、再び心臓に戻ってきますが、血液が心臓から送り出される時に通る血管を動脈、心臓に戻る時に通る血管を静脈と言います。動脈と静脈は、つながっています。但し、直につながっているのではなく、動脈は枝分かれして毛細血管となり、その毛細血管が再び集合して静脈となります。毛細血管がなく、動脈と静脈が直でつながっている病気が脳動静脈奇形です。脳動静脈奇形は、先天性の病気ですので予防することができない病気です。但し、治療は可能です。ただ、薬を用いた有効な治療法はなく、開頭手術、放射線治療(ガンマナイフ)、カテーテルによる塞栓術のいずれかになります。

早期発見が重要

毛細血管があることにより細胞に栄養と酸素が供給されますから、脳動静脈奇形であると脳に何らかの障害が発生します。また、毛細血管があることにより、血液の流れが、ある程度軽減されるのですが、毛細血管がない脳動静脈奇形の場合は軽減されないため、血管に過度な負担がかかりますので、出血を起こしやすい状況になっています。当然、まだ出血をしてない状態で治療を行う方が、より良い結果が期待できます。それどころか、出血してしまうと命を落とすこともあります。そこで重要となるのが、早期発見です。そして、早期発見をするためには脳の画像検査が有効です。脳動静脈奇形の症状には、てんかん発作や認知症状もありますが、単なる頭痛ということもあります。思い当たる節のない頭痛を感じるようでしたら、脳の画像検査を受けることが賢明です。現在、多くの医療機関では脳ドックと称して脳の画像検査を行っています。脳ドックを受ける人が増えれば、脳動静脈奇形を重篤にせずに済む人が増えることになります。